e-探偵神奈川ガイド

マカロン
ナポレオン
HOME

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど色々な事を考えて裁判官が判断します。探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚の必要性については考えるべきでしょう。子供がいるご夫婦の場合は特に浮気をした、されたといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗することがないことはないのです。
探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、成功しないことが少なからずあります。


尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。



調査員を何人でみておけば良いのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査は大体2人程度で行っているようです。まず調査員が1人で浮気であるかどうかを調査をすることがよくあります。再度考えて食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートにはお通しの注文数から同席していた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気をしていたと判断する材料になります。

さらに、クレジットカード使用時の支出については月々チェックするようにします。


仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、一人ではなく誰かといたと見られることがあるのです。
法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを不倫とよびます。つまり、法律的にいうと、性的に親密な関係ではなかったなら、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではありません。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行をする時間が短い方が、費用が少なく済みます。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットのある依頼になります。



探偵の尾行代がいくら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。言うまでもありませんが、調査員の数が少なければ安く、多くなるほど高くなります。
また、尾行の時に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認が大切です。
まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるために充分に用心しながら根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。
そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所の方は情報収集に向いていると結論できそうです。浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。法外な調査をしているところには依頼しないように気を付けましょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れでき

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚した方がいいと、簡単には言えないものです。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。



相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。


浮気の証拠は携帯からも掴めるのです。


携帯電話は浮気相手との連絡手段として使うことは当然考えられます。最近はメール、LINEで連絡をする機会も増えましたが、やはり浮気相手の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。ですから、空き時間に電話することはもちろん考えられます。


日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方が間違いありません。


そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」です。実費は交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるようです。
一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、算出した費用です。



浮気調査を行う期間が短ければ支払いも安くすみます。

探偵による浮気調査の結果、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。パートナーが信用できなくなってしまうと一生を共にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。



あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できるわけです。

ですが、いつ浮気をしているかわかっていたとしても、見知っている人にお願いして証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、ほとんど駄目でしょう。


知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。自分でやみくもに動き回るよりは、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。
しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件での離婚はできないでしょう。



そのためには、絶対確実な証拠が必要です。
奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでとんでもない修羅場になってしまうのは、映画やドラマでよく描かれます。夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害・殺人まで起きるというストーリーもよく使われます。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に頼む時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって協議します。1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査費用が高額になるでしょう。



調べる人の事務所により、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。
一部の探偵がアルバイトの例があってしまうのです。


探偵をするアルバイトを検索してみると、お仕事が見つかるのです。

これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もいくつもあります。浮気調査をさせようとするときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。


でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、見た情報を他人に流すことも否定できません。


実際の浮気調査では、調査員を何人で

実際の浮気調査では、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査によって一定とは限りませんが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。
ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人で調査をすることがよくあります。
浮気が明るみに出てきたのなら、再度計画を立てて 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分でも買えるものかと言いますと、購入できます。



一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで購入可能です。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。
離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。
さらに、不倫相手が浮気を認めない際は必要なのは証拠です。
第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。日常生活の中で、相手の行動を観察するのは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を掴む場合には、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

そして、探偵に頼むという事は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は1週間以内には終わります。とはいっても、これはあくまで平均的な日数です。



パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあるのです。

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、一日で調査が終わるなんてこともあります。

GPS装置を用い、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、現場を押さえられると考えられます。


依頼するお金が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、方法の一つです。GPS端末が付けられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。浮気調査で先ずすべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。パートナーの日々の行動を追跡したり、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の素性を押さえるのです。
ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめます。



携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして当たり前のように使われるからです。



最近はメール、LINEで連絡をする事も多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたくなるのは当然のことでしょう。



何気なく電話していることも十分考えられます。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気相手と会うのを控えたりして、失敗という結果に終わることもあるでしょう。

たとえ探偵が浮気調査をしても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。
どのような行動をしているか記録することで浮気の証明をできることもあります。
毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合パターンができてくるものです。けれども、浮気をすると、決まったパターンが崩れます。

その曜日や時間帯に着目し、断定ができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。



道
Copyright (C) 2014 e-探偵神奈川ガイド All Rights Reserved.